Re:BEAUTY

「Re:Beauty(リビューティ)」は理美容師のための総合情報サイトです。

理美容師情報

組合ってなに?


Warning: Use of undefined constant Y年n月j日 - assumed 'Y年n月j日' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/alphazeal/rebeauty.jp/public_html/wordpress_kizuna/wp-content/themes/kizuna/single-information_info.php on line 20
2013年10月23日
 荒井伸司

組合ってなに?
組合って必要なの?
そのように思っている人はとても多いことと思います。
自分もそうでした。
 
私は今54才、東京都理容組合で支部長をしています。
祖父の代から理容業を営んでいて、私で3代目。
29才で修業先から実家へ戻り、売上も年々伸びていて鼻高々でした。
そのような時に理容組合の会合に出ても、居るのは年寄りばかりで同世代の話し相手はぜんぜんいない。
話題になることといえば、店が暇だ、お客が来ないとか、マイナスイメージの愚痴ばかり。
こんな組合なんか入っていても仕方が無い、自分にとってはメリットなんか何にも無い。
そのように思っていました。
 
その当時、組合教育部主催の技術講習で、助講師として講習のお手伝いをしていました。
私は全理連ビルの地下教室でレディスカットの助手。
もう一人お世話になっていた先生が、同じ時間に9階でメンズカットの講習をおこなっていました。
講習が終わった後は、お二人の先生と必ず近くのとんかつ屋で一杯おごって貰っていました。
午前中で講習が終わっていたので、ランチ時から宴会状態でした。
そんな席で、組合を辞めようかと思っていると打ち明けました。
 
その時、先輩講師は、
「ちょっと待て!」
「今は組合なんか必要ないと思うかもしれないが、必要と思える時がいずれ来る。必ずおまえたちの時代が来る。必ず来る!
おまえたちの時代になった時に改革をしろ。そのためにはただの助講師じゃダメだ、意見の言える立場に登っていけ。
その時まで辛抱しろ!!」
そのように組合を辞めるなと説得され、それから20年が経ちました。
このときのお二人の先生にはとても感謝しています。
組合を辞めなくて良かったと思っています。
因みに、組合を辞めるなと説得してくれたのは、今の東京都理容組合の理事長です。
 
今、組合が必要ないと思っている皆さん。
理容美容業界にはこれから荒波が必ずやってきます。
理美容資格統一問題、TPP問題等たくさんあります。
この荒波を乗り切って、私たち理容美容が繁栄するためには、みんなが力を合わせることが必要です。
そのためには、一人一人ばらばらで意見を言うより、組合というまとまった力が必要になると思いますよ。
 
組合は別としても、理容美容ってとっても良い仕事ですよね。
いろいろな業種や、制作工程で機械が人間に取って代わっています。
だけど、髪を切ったり、パーマやカラーなどの作業は、今のところ機械に取って代わられることはなさそうです。
自営業の場合は定年が無く一生続けられます。
この仕事のすごいなって思うところは、当然お客様からお金をいただいて商売として成り立つわけです。
そのお客様が代金を支払う時に、「気持ちよくしてくれてありがとう!」「すてきなスタイルにしてくれてありがとう!」など、お礼の言葉や感謝の言葉を言ってくれることがほとんどです。
こんな仕事って他にはあまりないと思いませんか?
 
いま、理容美容を合わせて全国で約350000店舗が営業しています。
コンビニって全国で何店舗か知ってますか?
答えは約46000軒です。
圧倒的に理美容の方が多いんです。
そういえば日本全国何処へ行っても見かけると思います。
それだけ安定した仕事。人さえいれば何処でも食べていける仕事なんです。
 
でも、これからはお店を開いて漠然と営業しているだけではダメです。
技術の練習、トレーニングが必要です。
華やかなステージに立ってかっこよく仕事をしている人や、コンテストで優勝する人も、みんなものすごい練習をしています。
練習量と技術レベルは比例して伸びていきます。練習量は嘘をつきません。
でも技術だけではやっぱりダメです。
お店のコンセプトをはっきりと打ち出して、目標を持って営業することも大切です。
 
そして、最も大切なのは人柄です!
お客様は技術者その人に付くのです。
人間力を磨くことが最も大切です。
 
これから理容師、美容師を目指している人。
結婚、出産、育児でお休みしていて、お店に復帰したいと思っている人。
みんな頑張りましょう!
こんな楽しい仕事は他にはないですよ。
よく理容美容は、長時間労働できつい仕事と言われますけど、どんな職業でも楽な仕事は絶対にないと思います。
この仕事をやってきて良かったことは、たくさんの信頼できる仲間ができたことです。
本当に困っている時に、仲間みんなが利害関係抜きで助けてくれる。
これってすばらしいことです。
こんな仲間を作れたことに感謝しています。
本気でやっていれば、本気の仲間ができる。
理容美容って本当にすばらしい職業だと思います。
みんなで仲間の輪を広げましょう!!

荒井伸司

rebeautyshop
bi-job.netへ
shindan
fujisan.co.jpへ